HBLnews: HBL球団の各本拠地、「緊急事態宣言」発令を受け公共施設の休館等利用制限へ 20210518

北海道ベースボールリーグ

このたびの「緊急事態宣言」発令を受け、屋外・屋内を問わず公共施設の原則休館等の措置を各自治体が続々打ち出しており、石狩市(5/14通達)、美唄市(5/15通達)、富良野市(※ふらのスポーツ協会HPに掲載、5/17通達)に続き、士別市でも5/18に公共施設の休館等の利用制限となりました。

石狩市HP「市内公共施設の休業(5月14日更新)」

市内公共施設の休業(5月14日更新) - 北海道石狩市公式ホームページ

美唄市HP「新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う社会教育施設の臨時休館について(2021年5月15日 生涯学習課)」

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う社会教育施設の臨時休館について | 美唄市

富良野市HP「新型コロナウイルス感染「緊急事態宣言」に伴う富良野市内の主な市有施設の休館等の状況(2021年5月17日 総務課)」

新型コロナウイルス感染「緊急事態宣言」に伴う富良野市内の主な市有施設の休館等の状況 | 富良野市

士別市HP「緊急事態宣言にともなう公共施設の対応(5月18日~31日) 新着 [2021年5月18日 登録]」

緊急事態宣言にともなう公共施設の対応(5月18日~31日) | 士別市

・・・このような状況です。

しかし、たとえば札幌市においては「原則休館。ただし、興行イベントや競技大会等については、延期等の対応ができない場合、利用可。」としてスポーツイベントを含む一部行事については開催を実施しています。
それなら、とも思わなくもありませんが、ただ、これは自治体ですとか、指定管理者の意向により対応は様々で、道内某市では「半年以上準備していたもので延期対応もできない、内容的にも感染リスクも少ない」という行事でも、意に反し中止へ追い込まれたという事例もあったと聞いています。また、公共施設の開放は継続するが利用は町民限定にする対応を取った自治体もあります。
各自治体・各球団に取材をしているわけではないので正確なところはなんともいえませんが、各自治体に最大限のご配慮、最大限のご協力をいただきながらも、今回の緊急事態宣言下のもと、HBLのリーグ戦、「(無観客での実施を含め)中断せざるを得なかった」という状況だったのではと推察しております。あくまでも推測ですが・・・。

試合だけではありません。
全体練習やトレーニングに公共施設を使用している球団であれば、そちらへの影響も甚大なものになります・・・。

感染が収束し、5/31をもって緊急事態宣言を解除、6月からふたたび試合とトレーニングが十分にできる環境が戻ってくるよう願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました