HBLnews: #石狩レッドフェニックス 、リーグ戦1位通過が確定!しかし今後の日程は・・・ 20210830

石狩レッドフェニックス

既報の通り、8/29(日)に士別ふどう球場で開催された士別vs石狩戦で、石狩レッドフェニックスが粘りに粘る士別サムライブレイズを振り切り勝利。
この1勝をもって、北海道ベースボールリーグ21シーズンの1位が確定しました。
おめでとうございます!

37試合で29勝5敗3分。もう圧倒的な成績です。

最初に石狩RPの試合を観たときは衝撃的でした。
「3本柱」と称えられるお三方を含めた投手陣の凄さ、守備の固さを実感したのはもう少し先でしたが、驚いたのは攻撃シーン。
常に手堅く次の塁を狙い、確実に1点を取りに行く。
それがチーム全体に共有され、開幕からしっかりとやりきっている姿。

「石狩だけが1戦必勝のクライマックスシリーズを最初から全試合戦っている感じ」を受けていました。

格好悪い「後だし」になりますが、率直なところ、最初の数試合で「石狩のリーグ戦1位は固い」と見ていました。
それにしても、ここまで勝ちまくるとは・・・。
「どうやって、何をポリシーに、誰が中心となって、このチーム戦略を練り上げたのか」は、ぜひ専門家の方の手により記事になってほしいと思います。
(選手関係者の方のnote等も大歓迎です)

※追記:土屋剛選手がnoteを執筆してくださっています!

改めまして、お見事でした!おめでとうございます!石狩レッドフェニックス!!

さて、「下剋上」を目指しクライマックス、チャンピオンシップへの準備がはじまりますが、個人的にはそこでも石狩の優位は動かないと見ています。
ただ、各チームにも意地や誇りもあるでしょう。「今度こそ」の思いを、大いにぶつけ盛り上げてほしいです。
ポストシーズンは試合数が少なく、下位チームがクライマックス2戦連勝、チャンピオンシップは3戦のうち1つ負けても2勝したら逆転優勝。
チャンスは必ずあります。約2週間後の新たなたたかいを、楽しみにしましょう。



さてそのような中、北海道ベースボールリーグ(公式)より、衝撃的な発表がありました。

リーグ戦の打ち切りです。
ただし、チャンピオンシップ&クライマックスについては、日程を多少後ろにズラし詰めた形とし、何とか開催しようとのご配慮が見受けられます。

リーグ戦の序盤と最後に感染拡大に伴う緊急事態宣言が直撃したことは全く誰の責任でもなく、ただただ疫病退散を願うのみです。
ただ、「54試合のリーグ戦を開催する」としてスタートした21シーズンです。
主催者として、そのこと(54試合やるよ)を全うするため、6月から8月の試合を開催できた期間の代替試合を含め、「もう少し何とかならなかったのか」とは率直に感じます。

筆が止まらないのでこのあたりで留めておきますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました