新リーグnews: 新リーグ、11/5(金)に設立会見。5つのビジョンを発表、名称は公募 20211025

北海道フロンティアリーグ

美唄・石狩・士別の3球団による新リーグ(仮称)がツイッターアカウント「北海道プロ野球独立リーグ設立準備室」@hkd_new_league を開設、11/5(金)に設立記者会見を行う旨を発表しました。
リーグ名称については11/4(木)を期日として公募するとのこと。

また、あわせて「ミッション」と「5つのビジョン」を発表しています。

「ミッション」

野球で、北海道の未来を拓きます。

「ビジョン」

①北海道への移住・定住を促進します。
→リーグ関係者を全国から募集し、定住促進、交流人口・関係人口の増加を図ります。
②まちの賑わいを創出します。
→球団を通じた新たなコミュニティを形成し、地域の賑わいを創出します。
③社会に貢献できる人材を育成します。
→地域の貢献やNPBに挑戦し続ける人材を育てます。
④こども達に野球の魅力を伝えます。
→地域のプロ野球として、こども達の憧れとなり体力の向上に寄与します。
⑤地域の人々の健康増進に努めます。
→超高齢化社会に対応した、健康運動を推進します。

・・・今回、このように新リーグより「ミッション」と「ビジョン」が示されましたが、地域の方々に必要とされる球団であるために必要なことを丁寧かつ網羅的に記載した結果、HBLとの違いが際立ったとは言いにくい表現になったように感じています。

他の報道と照らし合わせたり、「地域のプロ野球」という表現に食いついてみたり、詳しい方から補足で説明があれば「なるほど、そこが違うのか」となるかもしれませんが、個人的にも現段階では説明がちょっと難しいです。
ここは募集中の「リーグ名」と、11月5日に予定されている記者会見など今後予定されている情報公開により、広く多くの方が、北海道に2つとなった各リーグの違いを掴めるようになればと願っております。
「推し球団がHBLやめちゃって新リーグになるんだけれど、今までとどこがどう違うの?」と戸惑っている方、多いと思いますし。

そして2つのリーグの違いは、応援しているファンのみならず、人生の大きな選択となる「北海道リーグを目指す選手の方」に、はっきり分かりやすく示すことが出来たら良いですね。

この記者会見は11月5日、つまりHBL3球団のトライアウト(11/6)の前日に行われます。
今回のHBLトライアウトは美唄・石狩・士別の脱退前から募集が行われていたこともあり、受験される方々にとっては難しい点もあるのではと想像しています。え?試合数が減るの?とか。
HBL2022の概要は先に示されましたが、ミッションとビジョンこそ示されたとはいえ、新リーグ2022の具体的な概要はこれからの発表になります。

ギリギリのタイミングになりますが、11月5日の会見で新リーグが大きなイメージ(ミッションやビジョン)だけではなく具体的な部分、たとえば「選手待遇」「求める選手像」「試合数」等を可能な限り詳細に示すことができたら、選手の方々への選択肢となる可能性があります。
「自分が人生を託すのは、自分が選ぶのは、こういう情報に基づき、信念をもって“このリーグ”」となれば良いですね。

そして、既存の選手・スタッフの皆さんに対しても、詳細発表を受けた新リーグ3球団からHBL球団への移籍希望、またはその逆がもしあれば、快く後押しをしてほしいと願っております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました