HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ①/3

北海道フロンティアリーグ

2021年11月5日(金)14時から行われた、北海道の新しいプロ野球独立リーグ「北海道フロンティアリーグ」設立会見の文字起こしです。

著作権:
文字起こしにつきましては、引用元掲載を条件に、リーグのご許可を頂いております。
ただし、文字起こしには誤りが避けられません。「文字起こしの許可」は「内容が正しいこと」を保証していないことは、くれぐれもご留意ください。

文字起こしの方法:
①YouTubeの自動字幕作成機能でのジェネレート
②上記をもとに耳コピで補正(※①ベースのため面白表現が残っている可能性があります)

お願い:
記者会見の内容を引用したり論じたりする際には、公開動画を正本としていただくようお願いします。
とくにこのリーグを目指す野球関係者の方は、3人の正副代表+アドバイザーの思いは動画正本でこそ伝わると思いますので、ぜひ視聴をお願いします。
話し言葉・書き言葉の違いの補正を含め、テキスト化にあたっての修正は最小限にしております。
(註:)部分は、筆者による補足です。

分割:
①設立記者会見冒頭部分(主にリーグ代表のお話)←今ここ
②村山哲二アドバイザーのお話
③鈴木直道 北海道知事からのメッセージ、質疑応答

原本:

3秒で概要を知りたい方へ:
下記トライアウト告知に、リーグ作成の2枚の画像が貼ってあります。わかりやすいです。


参加者(敬称略):
北海道プロ野球独立リーグ設立準備室 代表 荘司光哉(美唄球団)
 同 副代表 老田よし枝(石狩球団)
 同 副代表 菅原 大介(士別球団)
※リーグ名発表以後は「北海道フロンティアリーグ」代表および副代表として発言。

北海道フロンティアリーグ アドバイザー
株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング(※BCリーグの運営会社) 代表取締役 村山 哲二

司会 美唄ブラックダイヤモンズ 広報兼スタジアムDJ 松谷 遊夢

会場:
茶志内ボールパーク(北海道美唄市、美唄ブラックダイヤモンズの本拠地)


(司会)
本日はお集まり頂きまして、誠にありがとうございます。
お時間となりました。新リーグ設立記者会見を始めます。
まずは出席者を紹介いたします。

北海道プロ野球独立リーグ設立準備室 代表 荘司光哉。

(荘司代表)
荘司でございます。よろしくお願い致します。

(司会)
副代表 老田よし枝。

(老田副代表)
老田(おいだ)と申します。よろしくお願いします。

(司会)
同じく、副代表 菅原大介。

(菅原副代表)
菅原です。よろしくお願い致します。

(司会)
続きまして新リーグの名称を発表いたします。

それでは、こちらのモニターをご覧下さい。
映像にて発表いたします。

(映像を投影)

(動画)
約7割を森林が埋め尽くす、北の大地、北海道。
少子高齢化、経済の縮小、担い手不足。
様々な社会的課題を抱えている。

北海道150年。
そこには開拓の歴史がある。
先人たちが守り抜いた豊かな自然環境。
そして、開拓者たちが築き上げてきた今がある。

北海道の暮らしに憧れを抱く者。
NPBを目指す者。
熱い思いを胸に、若者たちがここ、北の大地へ降り立つ。

彼らへの挑戦の場を増やし、人と人との関わりから街の活気を生み、地域の活性化へとつないでいく。
すべてをかなえる場所は、「ここ」にある。

それぞれの課題、想い、挑戦、夢。
今、北の大地に新たなリーグの発足!

野球を通じて北海道の未来を拓く。

「北海道フロンティアリーグ」。


(司会)
新リーグ名は、「北海道フロンティアリーグ」となりました。

それでは、北海道フロンティアリーグ 代表 荘司光哉 より、これまでの経緯等をお話しいたします。

(荘司代表)
本日はお忙しいところ、お集まり頂き、誠にありがとうございます。
ただいま、ご紹介がありました、北海道フロンティアリーグ 代表の荘司光哉でございます。

今ほど新リーグの名称を、映像を用いて発表させて頂きました。

10月23日から公募を開始いたしまして、応募総数48件の中、新リーグ名は「北海道フロンティアリーグ」と命名させて頂きました。
たくさんの想いを寄せて、応募をいただいた皆様に感謝申し上げます。

北海道フロンティアリーグは、日本全体が人口減少、少子高齢化社会へと進んでいる中、北海道の多くの地方都市において、少子高齢化が全国を上回る速さで進行する等、人口減少を起因とする多くの社会課題を抱えています。

地域社会の担い手の減少や晩婚化、子育てに関する不安感や負担感が増していくことにより、少子化が加速していくことが心配されております。
また、労働力の不足や担い手不足など、消費購買力の低下などにより、経済規模の縮小化が懸念されるなど、地域社会に与える影響は大きいものと認識しております。

このような社会問題を、野球の持つ魅力を最大活用し、地域と共に解決することをめざし、
「野球で、北海道の未来を拓きます。」
これをリーグのミッションとし、5つのリーグのビジョンに基づき、事業を実施してまいります。

新リーグのミッションおよびビジョンについては、この後、説明させていただきますのでよろしくお願い致します。


さて、本日の新リーグ設立発表の経緯といたしましては、令和3年9月30日をもって、我々3球団、美唄ブラックダイヤモンズ、石狩レッドフェニックス、士別サムライブレイズの3球団が、北海道ベースボールリーグから退会をさせていただきました。

美唄球団は、2020年のHBL設立当初から2年目のシーズンであり、また石狩・士別の両球団は今シーズンからの参入ではありましたが、年度当初より、日本独立リーグ野球機構・・・IPBLですね、加盟に向けた協議を行ってまいりました。

HBL全体が未来に向けて同じ方向を向いていても、準備に要する時間、あとはタイミングが合わなかったことから、先に準備できる我々3球団がIPBL加盟に向けて挑戦するためにHBLを退会し、今回、この北海道フロンティアリーグを設立させていただきました。

新リーグがIPBL加盟を果たせれば、社会人野球や大学野球などと交流もできます。
また、学生野球資格の取得についても、選手本人が教職員でなくても資格取得ができ、社会人のグラブチームや企業チームでプレーすることも、1年間の公式戦出場停止が無くなります。

私たち選手を預かる身としては、選手のセカンド・・・失礼、選手のWithキャリア、次のキャリアに向けて大きな壁があると認識し、社会的責任を果たすためにもIPBLへ加盟することが必須であろうと考えた次第でございます。

令和4年1月31日までに、IPBL加盟申請書を提出できるように準備を進めているところでございます。

このあと事業概要や選手の契約体系など、説明させていただきますので、よろしくお願い致します。

本日はお忙しいところお集まりいただき、誠にありがとうございます。


(司会)
それは引き続き、北海道フロンティアリーグ 代表 荘司光哉より、リーグの事業概要等を説明致します。

(荘司代表)
はい、それでは引き続き、私のほうで説明させていただきたいと思います。

リーグの運営方針では、冒頭のご挨拶でも挙げたとおり、「野球で、北海道の未来を拓きます。」、これをミッションに掲げ、人口減少社会がもたらすさまざまな課題を、野球が持つ魅力をもって、地域とともに解決していきたいと思っております。
そして野球に携わる方々の夢や希望を叶え、地域ににぎわいを創出し、北海道全体の活性化に寄与していきたいと考えております。

北海道フロンティアリーグのミッション。ミッションは5つに基づいてビジョンに沿って行動してまいります。
ビジョンは1から5まで掲げております。

【ビジョン1】
人口減少・少子高齢化などにより、引き起こされる担い手不足・労働者不足を、共に解決していきます。
選手は就労と野球の二刀流、Withキャリアを取り組んでいきます。
就労により対価を得るとともに、球団との契約により報酬を得ることで、安定した収入を確保し、移住・定住を促進してまいります。

【ビジョン2】
地域のプロ野球として質の高い野球をお見せすることで、多くの方々に球場に足を運んでもらいたいと考えております。
ビジョン1のように、就労などを通じて選手個々が作るコミュニティもありますし、球団ファンクラブ同士の交流など、球場に来ることでたくさんの方々と出会える場として、楽しんでいっていただきたいと思います。
また、社会人野球や大学、他のリーグとの交流戦の開催を目指すことにより、地方都市では観ることができないエンターテイメントで、街の賑わいを創出できると考えております。

【ビジョン3】
Withキャリアの創出に向けた講習会等の実施をします。
NPBへの挑戦に向けたセミナーの開催や、スポンサー企業様によるセミナーなど、Withキャリアの支援を行います。
このリーグからNPBや他のリーグへ行くことも、野球引退後のキャリア、それぞれがWithキャリア、次の道という意味では同じではあるのではないかと考えております。
各種セミナーの開催を通じ、キャリアアップできるように支援してまいります。
さらには地域活動により、地域の皆様への感謝の気持ちを還元していきたいと思います。
町のお祭りなどの会場設営や環境美化活動など、地域の求めに応じて、地域活動を実施していきたいと考えております。

【ビジョン4】
部活動に携わる教員の「働き方改革」が始まり、令和5年度からは土日の教員出勤に制限がかかり、平日もその動きは加速していくものと我々は考えています。
今後、地域住民や企業への指導者派遣の期待が高まることが想定されますので、その受け皿として選手派遣やチームマネージメントを、地域の実情に合わせて行なっていきたいと考えています。
具体的な内容としては、子どもたちの野球教室開催や、加えて多種多様なスポーツ種目を最新の指導方法で学べるようなチームを目指していきたいと考えています。

【ビジョン5】
子どもから高齢の方々まで、運動不足解消に向けて体を動かす機会を提供していきたいと考えております。
美唄の例で申し上げますと、球場のホームゲームの7回攻撃前に球団応援歌に乗せてタオルを回し、観客の皆さんと会場の一体感を醸し出しております。
この度、北海道日本ハムファイターズのGMに就任した稲葉さんのように、例えば稲葉ジャンプなど観戦者の皆様に、ただ座って応援するだけではなく、体を動かして応援できるような仕組みを我々のリーグ、ホーム球場でも考えていきたいと思っております。

(参考動画:美唄ブラックダイヤモンズの「タオル回し」)

また、子どもたちの運動への興味関心を持ってもらうために、地域の小中学校と連携を図り、身体を動かす楽しみを伝えてまいりたいと考えております。
野球を核として、地域課題を行政と共に解決していく官民連携したリーグを運営して参りたいと考えております。

以上が、北海道フロンティアリーグのミッションと5つのビジョンでございます。


続きまして、準備室の設立から本日までの経過などについてご報告させていただきます。

10月6日に準備室の設立を行いまして、本日の会見まで、北海道様や北海道日本ハムファイターズ様をはじめ、各団体へ事業説明とご挨拶に伺っております。
また北海道学生野球連盟様におかれましては、11月18日に訪問する予定となっております。

各団体へご挨拶させていただいた際には、IPBLへ早期に加盟していただきたいとお言葉を頂きました。
道外から選手や関係者を呼び込むだけではなく、道内の子供たちの選択肢となることで、人口流出を防ぐことができるというお話をいただきました。

私たちといたしましても、皆様のご期待に添えるよう、加盟に向けて全力で取り組んでいきたいと考えています。

続きまして、北海道フロンティアリーグの選手契約体系でございますが、基本的には全て、選手に午前中の就労をしていただきます。
午前中に地域の企業で働き、午後から試合、または練習という生活になります。

この流れはHBLの時と変わるものではありませんが、北海道フロンティアリーグとしては、各球団との契約により報酬を支払います。
A契約からC契約までの内容により、選手契約を結びます。
また契約期間については、北海道・・・(註:資料によると北海道定住枠は4月から3月の契約期間)、プロ育成枠・育成枠については4月から9月を契約期間としますが、いずれも球団との協議の上、延長が可能といたします。

生活面では、球団寮での生活を基本として頂き、3万円から6万円の寮費をお支払いして頂きます。

支給といたしまして、ユニフォームやバットなどは各球団から支給されるものといたします。

リーグ戦開催日程案でございますが、年間54試合を予定しております。
(※註:1チームあたり年間54試合、リーグ公式戦全81試合)
その他チャンピオンシップとして3試合を行い、優勝チームを決定していきたいと思います。

リーグ戦は平日の水曜日のほか、土日の開催を予定しております。
土日はホームゲームの球団がダブルヘッダーを行うシステムといたしまして、選手に多くの試合をこなしてもらいたいと考えています。
また、社会人や大学との交流戦も実施できるよう、目指していきたいと考えています。
そのほか、他リーグとの交流戦も実施できるよう、目指していきたいと考えています。

今後のスケジュールでございますが、日本独立リーグ野球機構への加盟申請書を令和4年1月31日までに提出いたします。
その後、IPBLでの理事会において、加盟について判断されることとなります。

それから、リーグ合同トライアウトを開催させていただきます。
(2021年)11月23日、栃木県小山市の小山市運動公園野球場で実施いたします。
既にツイッターで募集の案内を告知しておりますので、そちらの申し込みフォームから登録をお願いしたいと考えております。
随時、SNS等により告知をしてまいりますので、多くの皆様の挑戦をお待ちしております。

以上で、事業計画及び今後のスケジュールについての説明を終了させていただきます。


(司会)
続きまして、各副代表からご挨拶がございます。

(老田副代表)
北海道フロンティアリーグ副代表の老田よし枝と申します。よろしくお願い致します。
私は石狩レッドフェニックスの球団代表をしております。

この今回の新リーグ設立にあたりましては、私たち3球団代表が、いろいろ思いを寄せ合い、そして一生懸命考え、実現に向けていま一生懸命走っているところであります。
今後、皆様のご理解ご協力、そして大きな応援をいただきたいと思います。是非ともよろしくお願い致します。

(菅原副代表)
北海道フロンティアリーグ副代表をしております菅原と申します。
士別サムライブレイズの球団代表をさせていただいております。
まずこのたび、皆様ご多用の中、たくさんの報道関係の皆様にお集まりいただきまして誠にありがとうございます。
あわせまして日頃より、各球団の自治体の方にも、たいへんなご支援をいただいておりますことを、この場をお借りしてまず御礼申し上げたいと思います。

このHFL、北海道フロンティアリーグ。
「野球で、北海道の未来を拓きます。」というミッションを掲げさせて頂いております。
非常に重要なキーワードとして荘司代表からも説明させていただきましたが、「Withキャリア」、野球とそして就労の両輪でもってキャリアをつくっていくというこの新しい形が、きっと北海道を持続可能な、そして、住んでいて良かった地域にしていけるという信念を持って、この野球リーグを発展させていきたいというふうに考えております。
今後とも、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


※ここから村山哲二さん(北海道フロンティアリーグ アドバイザー、株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング 代表取締役)のお話へと移りますが、分量の都合上、ここで分割いたします(筆者)。

続く。

コメント

  1. […] 設立記者会見 文字起こし ②/3 2021.11.11 HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ①/… HFLnews: 「北海道フロンティアリーグ」設立報道(電子記事5本) […]

  2. […] HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ③/3(了) 2021.11.15 HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ②/3 2021.11.11 HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ①/… […]

タイトルとURLをコピーしました