HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ③/3(了)

北海道フロンティアリーグ

2021年11月5日(金)14時から行われた、北海道の新しいプロ野球独立リーグ「北海道フロンティアリーグ」設立会見の文字起こしです。

著作権:
文字起こしにつきましては、引用元掲載を条件に、リーグのご許可を頂いております。
ただし、文字起こしには誤りが避けられません。「文字起こしの許可」は「内容が正しいこと」を保証していないことは、くれぐれもご留意ください。

文字起こしの方法:
①YouTubeの自動字幕作成機能でのジェネレート
②上記をもとに耳コピで補正(※①ベースのため面白表現が残っている可能性があります)

お願い:
記者会見の内容を引用したり論じたりする際には、公開動画を正本としていただくようお願いします。
とくにこのリーグを目指す野球関係者の方は、3人の正副代表+アドバイザーの思いは動画正本でこそ伝わると思いますので、ぜひ視聴をお願いします。
話し言葉・書き言葉の違いの補正を含め、テキスト化にあたっての修正は最小限にしております。
(註:)部分は、筆者による補足です。

分割:
①設立記者会見冒頭部分(主にリーグ代表のお話)
②村山哲二アドバイザーのお話
③鈴木直道 北海道知事からのメッセージ、質疑応答 ←今ここ

原本:

3秒で概要を知りたい方へ:
下記トライアウト告知に、リーグ作成の2枚の画像が貼ってあります。わかりやすいです。


ここまでのお話:
HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ①/3
HFLnews: #北海道フロンティアリーグ 設立記者会見 文字起こし ②/3


おことわり:
鈴木知事からのメッセージがあり、その先の質疑応答部分は音声が聞き取りにくく、相当部分を前後の文脈等から「筆者が勝手に」補っております。
大枠は外さないよう努めましたが、細かい事実関係や発言内容、ニュアンスが記者会見と「文字起こし」で相当異なる可能性がございます。
事実関係の正しい確認は、必ず、記者会見動画をご確認ください。


(司会)
続きまして北海道フロンティアリーグ設立にあたり、北海道知事 鈴木直道様よりメッセージを頂戴いたしました。
この時間、ご紹介させていただきます。

北海道フロンティアリーグが設立されますことを、心からお祝い申し上げます。
野球を愛する選手の皆様の夢を力強く後押しするため、野球を通じて北海道の未来を拓くという熱い想いをもって、リーグの設立に向けてご尽力されてきた関係の皆様に、深く敬意を表します。
選手の皆様が全力で練習に取り組み、チーム一丸となって戦う姿は、私たち道民に感動や元気を与えてくれるとともに、本道における野球競技の普及や振興、スポーツを通じた健康で心豊かな人材の育成に大きく寄与するものと考えています。
選手の皆様には、熱いプレーで新たなリーグを盛り上げていただくとともに、各チームが地域の皆様から末永く愛され、地域に根差した活動を通じて、地域の活性化に貢献していただくことをご期待申し上げます。
結びに、北海道フロンティアリーグの発展、並びに選手の皆様のご活躍を心からご祈念申し上げ、応援のメッセージといたします。

北海道知事 鈴木直道様より頂戴いたしました。本当にありがとうございました。


※繰り返しますが、ここから先の質疑応答部分は音声が聞き取りにくく、相当部分を前後の文脈等から「筆者が勝手に」補っております。
事実関係の正しい確認は、必ず、記者会見動画をご確認ください。


(司会)
それでは、質疑応答に入ります。質問のある方は挙手でお願い致します。
また、所属そしてお名前をどうぞよろしくお願い致します。
(註:文字おこしでは所属=会社名のみとしました)

(北海道新聞社)
北海道フロンティアリーグの設立は、本日ということでよろしいでしょうか。

(荘司代表)
フロンティアリーグの設立日は、本日(2021年11月5日)で大丈夫です。

(北海道新聞社)
村山さん(哲二アドバイザー)からもお話がありましたが、具体的にリーグとして、どういったところを整備していくのでしょうか。

(荘司代表)
はい、今のところ事業計画書は8割方できあがってきておりますので、村山代表にも確認して頂きながら、一つ一つ、不備なところがあればチェックしていく体制になっております。
それから、先ほど申し上げましたとおり、北海道学生野球連盟様には11月18日にご挨拶に行きまして、(予定していた)我々がご挨拶をする相手先が、すべて終わるところでございます。
あとは、一つ一つ全部積み上げていくのですが、8割方できているので、あとは精査していくところの段階に今入っている状態でございます。

(北海道新聞社)
ありがとうございます。


(司会)
それでは、ほかに質問のある方はいらっしゃいますでしょうか。

(朝日新聞社)
北海道ベースボールリーグから退会されたのが9月30日ということで良かったでしょうか。

(荘司代表)
はい。

(朝日新聞社)
また、退会された理由について具体的に教えていただけますでしょうか。

(荘司代表)
具体的・・・いちばん最初に私のご挨拶でも申し上げた通りなのですが、北海道ベースボールリーグも我々(HFL)も、向いている方向というかやってきた方向は、地域に根ざして、街の賑わいの創出などいろいろな部分で、同じビジョンで前に進んでおりました。
それと同じく、IPBLに加盟するということの是非で、代表者会議をずっと進めてきてまいりました。
最終的には、我々3球団、それと我々3球団以外の、球団の体制づくりの多分タイミングの違いだと思うのですが、我々は、美唄は来シーズンが3年目になりますけれども、前にもちょっと取材でお答えしたのですが、選手が(HBLを)辞めて、それから学生野球の資格の取得とか、そういうところ(選手の退団後の進路等)も全部考えてきたところで、1シーズン目からそれがすぐ、このHBLの時ではまだ取得できない(ので選手の退団後の進路に制約がかかる)というのが分かったところで、これは早急にIPBLに加盟しなければならないな、と話し合いはずっと続けて来ていましたので、どうしてもそこで、(各)球団とのスピードが違ったときに、同じ今年挑戦するっていうことが、一緒に前を向いて話し合いができたのが、この3球団というところになっております。

(朝日新聞社)
IPBLに加盟するか否かで、結果、分かれたという理解でよろしいでしょうか。

(荘司代表)
IPBLへ加盟するかどうかで意見が・・・いや、加盟するのは同じです。
同じ話し合いをしていました。タイミングです。加盟するタイミングがいつかですね。
来シーズンに向けて加盟するのか、それとも23年シーズンに向けて加盟するのか、もしくは24年なのか。
そこの部分で、我々はもう次の22年のシーズンからIPBLに加盟するということでスタートしておりましたので、やはりそこで(22年から加盟するという)答えが出なかった場合には、我々3球団がやはり、じゃあ先にやらせていただきますよと。僕たちがちょっとその突破口を開いてきますよと。
北海道で(HFLが)その突破口を開くので、IPBLの加盟ができた暁には、また色々とお話ししていきましょうということにはなっております。

(朝日新聞社)
(22年シーズンから加盟するための)IPBLの加盟手続きの締め切りは、来年(2022年)の1月31日ですか。

(荘司代表)
はい。

(朝日新聞社)
それは、どういったタイミングでの日付になっていますか。

(荘司代表)
村山代表から(お話があったとおり)、IPBLの2月の理事会に向けてということです。

※ここで短い確認事項がありましたが、聞き取れませんでした。

(朝日新聞社)
来年度、IPBLに加盟にあたっての締め切りがそこであると。

(荘司代表)
はい、そうです。

(朝日新聞社)
基本的なことになってしまいますが、午前中にお仕事をされて、その後に野球をされるということですが、これは「プロの独立リーグ」という認識でよろしいですか。それとも「クラブチーム」ですか。

(荘司代表)
「プロ野球独立リーグ」になります。
選手に報酬を支払いますので、A契約・B契約として。C契約の育成枠に関しては別ですけれども、報酬を発生させることで、プロ野球リーグとしてIPBLに加盟するということになります。

(朝日新聞社)
現在、選手は3球団、それぞれ何名ずついらっしゃいますか。

(菅原副代表)
ありがとうございます。
今後、トライアウト等を行って選手を獲得していくという段階になります。
現状はまだ、新リーグの契約という形にはなっておりません。

(荘司代表)
北海道の独立リーグの性質上、いま、ほかの独立リーグでもトライアウトが始まっているのですが、ほぼほぼの選手が他のトライアウトを今、受験している状態です。そこで合否が判定したときに、(HFL球団に)戻って来るのか来ないのか(等を話し合います)。そういった契約保留状態の選手が多々おりますので、(新リーグの)契約をしている選手はまだおりません。

(朝日新聞社)
今年度、チームにいた選手でも、まだ来年の契約はしていないと。

(荘司代表)
当球団でいえば、まだ1名2名なんですが、けれどもそれ以外の選手が、今言っているように、ほかの独立リーグのトライアウトを受けている状態なので、それが終わってから、例えば合格してそっち(他リーグ)に行くとか、もしかしたら行かない場合も・・・ほとんどないのですけど、そのときに、じゃあもう一度来年こっちでやるという状態ですので、契約をしている選手はほとんどいません。保留状態です。

(朝日新聞社)
ありがとうございます。


(司会)
続きまして、いらっしゃいますでしょうか。

(スポーツニッポン新聞社)
資料にあります報酬なのですが、こちらは「月給」という理解でよろしいでしょうか。

(荘司代表)
はい、月給でございます。

(スポーツニッポン新聞社)
選手の人数ですが、現在はまだ契約している選手はいないということでしたが、だいたい何名くらいの規模を考えていらっしゃるか、教えていただけますか。

(荘司代表)
はい、25名を予定しております。

(スポーツニッポン新聞社)
就労のほうは地元の企業等へ斡旋とありますが、紹介できる体制というのは既に整っているという理解でよろしいでしょうか。

(荘司代表)
はい、ここにいるチームは3球団とも去年経験して・・・我々(美唄)は来年3年目になりますけれど、今まで雇用していただいている就労先を含め、更に拡大を含めて今動いている最中ですので、昨年よりもう少し増えた形でできるのではないかと考えています。

(スポーツニッポン新聞社)
就労先は、どういった業種になるのでしょうか。

(老田副代表)
石狩に関しては、士別さん・美唄さんとはちょっと違うのですが、物流関係ですとか、倉庫で働くですとか、力仕事が多いという感じになります。どちらかというと季節労働者ではなく、年間通じて働ける職場でいま、選手たちは就労しております。

(荘司代表)
美唄に関しては、農業もございますし、それから工場、製造業ですね、それからサービス業もございますので、どこもシーズン終了後も契約を延長していただいて、美唄に残っている選手はそのまま働かせて頂いております。

(菅原副代表)
士別も同じく、農業、建設業、介護、飲食業等々で就労させていただいております。中には小学校の教員免許を持っていて、小学校の支援員として働いている選手も今シーズンはおりました。

(スポーツニッポン新聞社)
もう1点ありまして、社会人の連盟のほうとお話をされたと伺いましたが、IPBLに加盟できたら、来年から交流(戦?)は実施するのでしょうか。

(荘司代表)
「すぐに」という話ではなかったのですが、IPBLに加盟ができれば、何らかの形をもって、協議をして、書面を交わしましょうというお話を頂いておりますので、積極的にお話を進めていきたいと思います。

(スポーツニッポン新聞社)
課題として挙げられていました、審判員や記録員の確保についてはどのように進めていくのでしょうか。

(荘司代表)
審判員、それから記録員等についても、今後別な形でトライアウトをかけてみたいと思っております。
まず(11/23は)選手だけのトライアウトですので、スタッフのトライアウトを、これは就労先も含めたトライアウトで、ちょっと変わったトライアウトの仕方をやってみようかなと考えている次第です。


(司会)
続きまして、前の方お願いします。

(日本経済新聞社)
今日のお話を聞いていると、かなり緻密な計画を立てていらっしゃいます。しかも、スタッフ数も増える。
ということは、どう考えてもお金がかかるということになりますが、これはどういうふうにされるのでしょうか。
(※少し聞き取れず。スポンサー等について?)増やしていくのなら、どうやって(資金を)集めていくというのかというところを教えて下さい。

(荘司代表)
確かに、お金は以前よりかかるという想定で、いま試算をしております。
基本的に、いま我々がIPBLに加盟できたとしたら、これだけの方々が応援したり、交流が持てるというお言葉を頂いておりますので、これはチームで各球団が動くというよりは、リーグスポンサー(の募集)を積極展開をかけていって、足りない部分をリーグの方から各球団へという形で、我々3人がリーグの営業マンとして、そういう形で動こうとしている次第です。

(日本経済新聞社)
(スポンサーの募集は)それは事前に(既に)動いていらっしゃるのですか。

(菅原副代表)
今日、「北海道フロンティアリーグ」という名称を発表させていただきました。
いま、そんなフェーズです。これからです。

(日本経済新聞社)
これくらいには・・・という目算はあるのでしょうか。

(菅原副代表)
鋭意努力をしてですね、僕らは経営者でありますから、自分の影響力を信じて頑張っていきたいと思います。

(日本経済新聞社)
もう1つありまして、先程BCリーグの村山代表のお話を伺っていると、BCリーグはNPBだったり、上を目指していく選手がというお話がありました。
北海道はそうではなく、地元に残ってというようなイメージでしょうか。
つまり、上のレベルで野球をやりたいという方は、BCリーグに行くなり何なりというようなイメージでしょうか。

(荘司代表)
性質上、たしかに頂点ではないので、それから同じ独立リーグの中でも、正直に申し上げまして実力も経験も少ないものですから、なかなかそう簡単に同じ独立リーグという立ち位置にはならないと思っていますし、何がいちばんこの話で我々が話が決まったところかというと、このリーグを持続していかなければ意味もないという形で、NPBに選手を輩出することであったり、他の独立リーグに選手を輩出することではなく、我々の独立リーグが、北海道で十分野球をやっていけるというところを見せるには、やはり地域と一緒にやっていける、なおかつ、移住と定住を両方促進をしてやってかなければならない。

ただ、そこに目指す選手たち、NPBや他の独立リーグを目指す選手たち。それはもちろん、僕たちは一緒に野球をやっていこうと思っております。

ただ、北海道に来て、北海道の魅力を知って、最終的に北海道に帰ってくるのも、同じことではないかと思っておりますので、NPBにもし行く選手がいて、最後、また我々のリーグに戻ってきて、指導者になる、もしくはスタッフになる、もしくは監督になる、球団運営の人間になる、そういうことも同じ最終的には移住・定住というものにつながるのではないかと考えております。

(日本経済新聞社)
今後、新しく加盟していくチームはあるのでしょうか。いまは街単位で、市単位で1球団になっていますが、今後広げていくのでしょうか。(※特に聞き取りにくく、想像で補っています)
北海道の街は、札幌のように200万人規模のところから、数千人規模のところまでありますが、どういう規模感で想定しているのでしょうか。

(荘司代表)
道庁のほうにご挨拶に行ったときもそうなのですが、振興局管内、いろいろな我々の取り組みを振興局で応援(発信?)していただけるというお話もして頂いておりますので、もしこれが広まっていくのであれば、移動距離というのは北海道では非常に大変なものになりますから、ひとつひとつなにか大きなブロック分けをしていって、そこでリーグができて、最後、北海道でひとつになるということも考えておりますが、今現在はまだそこまでの構想にはなっていませんが、大きくなっていけばそういう振り分けも考えていきたいと考えております。


(司会)
ありがとうございました。それではお時間となりましたので、質疑応答を終了させていただきます。
※以後、写真撮影を経て、記者会見終了。

(了)

コメント

タイトルとURLをコピーしました