北海道ベースボールリーグ(HBL)観戦ガイド

北海道ベースボールリーグ(HBL)観戦ガイド 初版:20200907


追記20200915/1109 HBLチャンピオンシップについて

①北海道ベースボールリーグの初代チャンピオンを決めるガチンコ勝負です。
②5戦のうち、先に3勝したほうが優勝となります。優勝決定後の試合は行われません。
入場無料です。豪華ゲストが来たりイベントがあったりするようですが、入場無料です。
④HBLは通常、平日15時or15時半・土日13時の試合開始ですが、チャンピオンシップは時間帯が異なります。よくご確認ください。
⑤チャンピオンシップのレギュレーションは通常と異なり、延長は15回まで、時間は3時間45分制です。9/24追記。

第1戦:2020年9月21日(月)13:00~ レラハンクス富良野BC vs 美唄ブラックダイヤモンズ @美唄市営野球場
第2戦:2020年9月22日(火)11:00~ レラハンクス富良野BC vs 美唄ブラックダイヤモンズ @美唄市営野球場
第3戦: 2020年9月26日(土)13:00~ レラハンクス富良野BC vs 美唄ブラックダイヤモンズ @美唄市営野球場
第4戦: 2020年9月27日(日)13:00~ レラハンクス富良野BC vs 美唄ブラックダイヤモンズ @美唄市営野球場
第5戦: 2020年9月28日(月)13:00~ レラハンクス富良野BC vs 美唄ブラックダイヤモンズ @美唄市営野球場
※第3戦をもってCSは終了(美唄3勝のため)、4戦・5戦は開催されませんでした。

※フライヤーできています。クリックすると大きくなります。なお、保存して手元で拡大すると更に見やすいです。(9/17 7:45追加)
※試合開始は13時(9/22のみ11時)ですが、HR競争・江尻稲田一打席対決・門松良祐さん生ライブ等、試合前にイベントがあります。時間はフライヤー参照。
※くどいようですが、これだけやってもらって入場無料です。


「はじめて北海道ベースボールリーグの試合を観に行くんだけれど、不安がいっぱい」という方が、けっこう多くいらっしゃるようです。
行ったこともない場所で、はじめての野球を見に行く。一歩踏み出すまでが大変です。

野球に詳しい友人知人とご一緒ならともかく、ひとりや初観戦同士で今まで未経験のイベントに足を踏み出すことの精神的な負担、本当に大きいです。
きっとリーグや球団の連絡先に問い合わせたら、親切丁寧に回答をもらえるでしょう。
けれど「リーグ&球団もご多忙だろうし、それも悪いなぁ」と思ってしまうのが人間の気持ちでもあります。

偉そうに書いている筆者(HBLfans.com管理人)も、札幌ドームのファイターズ戦に行ったことはあるけれど、「独立リーグ」の試合ははじめてでした。
そして、屋外での観戦経験なんて、もう10年以上も前にさかのぼります。
ローソンで駐車券を買って屋根付きで野球を見るのが当たり前になっていました。

ということで、ごく簡単ですが「観戦ガイド」としてまとめてみました。
ただし、この「ガイド」はあくまでも私見であり、すべてが正解ではありません。
あくまでも参考程度として、最初に球場を訪れる際の後押しになりましたら幸いです。


◎ 当日ギリギリまで、随時確認したいこと。

北海道ベースボールリーグの試合が行われる球場は、すべてが屋外です(2020年9月現在)。
札幌ドームのような屋内球場とは違い、「天気」は超重要ポイントです。
広い北海道です。お住まいの地域と試合開催地域とで大きく天気が異なる可能性があります。

雨でも風でも試合が開催できたら、まだ良いのです。風雨が強すぎるとかなり切ないですが。
ただ、「試合中止」の可能性は、ドームのファイターズ戦と比較してかなり高いと思われます。

おでかけ前・おでかけ途中には、念のため「北海道ベースボールリーグ」「美唄ブラックダイヤモンズ」「レラハンクス富良野BC」各球団のツイッター等、公式情報を随時チェックしましょう。


① 旅立つ前までのQ&A。

1)北海道ベースボールリーグの試合って、入場料はいくら?

→ ほとんどの試合で無料です。
ちなみに一年間の集大成であるチャンピオンシップ(最大5戦)までもが無料でした。2020年度実績。
ただし、特別な試合(2020年なら江尻慎太郎さん登板の石狩記念試合、兵庫から独立リーグのチームを招待しての交流戦)は有料になることがあります。1,000円。
こうした有料試合の場合は、事前にかなり入念にツイッター等で告知がありますので、基本的に「無料」と考えて良いと思います。
いずれも全席自由です。 ※入場料は2020年9月迄の実績です

2)駐車場はあるの?マイカーで行けるの?

→ 駐車場あります。駐車料金は無料です。
自家用車をお持ちの方、レンタカーでの来場を検討されている方には、支障はあまりないと思います。
各球場とも、駐車台数は十分に確保されています。
なお、車以外での来場ですが、本州や道内の遠隔地からHBL(※北海道ベースボールリーグの略)の試合を見るため公共交通機関を駆使して来場される方もいますので不可能ではありません。

→ 美唄市営野球場へ向かう「美唄市民バス」には、こんな掲示があるそうです。クリックで拡大。


(Special thanks to : のなりん @07uSbYklBDIktww さん)

3)札幌ドームのように球場メシは買えますか?

→ 土・日開催と、事前にアナウンスがある特別な試合でのみ購入可能、あとは売っていたらラッキーと思ってください。
飲み物は各球場とも自動販売機がありますので、そちらで購入は可能です。
応援グッズは受付テント等で購入可能です。ただし、売っていないこともあります・・・。
(Special thanks to : パパ山 ピキ @piki_papa さん)

4)持っていったほうが良いものはありますか?

→ 北海道の多くの地方球場(屋外)の特徴は、「ベンチ席は一部のみ、あとは芝生」という感じです。
そのため、「長い間、外に座って一カ所に滞在すること」をイメージして、必要なものをご持参ください。
球場はベンチ席(席数限定・自由席)と芝生席があります。ベンチ席の場合は座布団系のものがあれは腰が楽です。
芝生席の場合は敷物があると便利です。
レプリカユニフォームや球団グッズを持っていなくてもぜんぜん問題ありません。
(いちど試合を見て気に入ったら買いたくなることは請け合いですが)
晴れの日の「日傘」、雨の日の「雨傘」の使用は、野球ファンの中では見解が分かれるところです。後ろの席の方が試合が見られなくなるので。
使用を一律に否定はしませんが、みなさんが楽しく野球を観戦できるようご配慮をいただけたら、幸せになれると思います。
ほか、ブラダイ(美唄ブラックダイヤモンズ)のファンでしたら、7回攻撃前に応援歌「MY HEROES」に乗せたタオル回し応援がありますので、なにか持っていくと楽しいと思います。
※ブラダイのファンじゃなくても回したくなります。タオルでもハンカチでも靴下でも。

→ 持ち物の件については、石狩球団(2021年参入の石狩レッドフェニックス)がプレシーズンマッチを開催した際に、神リリースを出しています。
ぜひご覧ください。

5)応援歌を歌えないと居づらいですか?

→ 北海道ベースボールリーグの試合は、鳴り物(ラッパなど)を使った応援はありません。
ソーシャルディスタンス下のファイターズ応援と同じ感じです。拍手程度です。
自然発生的に盛り上がった試合のときも、高校野球の応援メロディーで(口でラッパ代わりに奏でながら)「かっとばせ〇〇」くらいですので、難しいことは一切ありません。

6)お客さんって何人くらいですか?

→ 平日で50人、土日祝で150から200人くらいかと思います。
少ないと感じるかもしれませんが、「ルートインBCリーグ」や「関西独立リーグ」のような他県の独立リーグと、だいたい同じ(か若干少ない)みたいです。
いまのところ「球場に行ったら定員オーバーで入れない」という心配は、幸いなことに(?)無さそうです。

7)コロナ対策は大丈夫ですか?

→ 屋外球場、かつ、お客さん同士の間隔が相当ありますので、一般的に考えて「問題なし」と思われます。

8)選手の名前知らないんですが大丈夫ですか?

→ 受付(コロナ対策のため記名等をします)でパンフレットをもらえます。2つのチームの選手名一覧です。
パンフレットが配布されない日でも、球場DJさんが選手の名前をコールしてくれます。
ホームチームの選手が登場する際にはテーマ曲も流れます。

9)雰囲気はどんな感じ?

→ アットホームで、みんな楽しそうに、のんびりと野球を観ています。
試合のスタートから見られたら、1回の守備に就く際のカッコいい様子が見られますよ。
球場で流れる音楽はけっこうセンスが良いです。
「一見さんお断り」の雰囲気はまったくないです。
2チームどちらのファンでも、相手チームの好プレーには拍手が沸きます。
ケガで倒れたら球場全体が心配そうになります。
そんなリーグです。あたたかいです。


② 試合中&後のQ&A。

1)試合中はどんな感じ?

→ ビールやジュースを売りに来る人はいません。

→ 選手の声や打球音がよく聞こえます。

→ 屋外球場は日光や風がとても気持ち良いです。たまに強すぎるとしんどいですが。

→ ファウルボールは回収です。もらえません。ご協力をお願いします。

→ 5回が終わると、グラウンドキーパーさんではなく選手たち自身がグラウンド整備をします。

2)試合時間は?

→ リーグのアグリーメント(約束)により、3時間を超えたら次のイニングに入りません。
9回まで進まずに途中で終わることもあります。秋は日没で途中で終わることもあります。
長くても3時間プラスアルファで終わるので、計画が立てやすいです。

3)試合終了で曲が流れました!

→ 勝利チームの球団公式応援歌です。

レラハンクス富良野BC → Dr.NY(ドクターニューヨーク)「フルスイング」

美唄ブラックダイヤモンズ → 門松良祐「MY HEROES」

4)終わったらどんな流れ?

→ 試合終了後、両軍そろって挨拶。その後ヒーローインタビューがあります。
お時間があれば、どちらのファンでもちょっと球場に残り、ヒーローを拍手で讃えたいですね。
アスリートらしく魂が込もった発言が多く出ます。けれど基本、みなさんけっこう喋りが面白いです。

→ 同時に出口付近で「両チーム選手によるお見送り」があります。
両チームの選手がそれぞれ一列に並び、口々に「ありがとうございました」等と言ってくれます。
良いプレーを見せてくれたことにお礼を言わなければならないのは観客側と思うのですが・・・。

→ ただ、この「お見送り」は、新型コロナ禍のなか、選手の皆さんがリスクを負ってまで行ってくれているファンサービスです。
あえて書くまでもありませんが、だからこそ私達観戦するファンも「新しい生活様式」を意識し、節度を心がけたいものです。
北海道ベースボールリーグでは聞きませんが、ファンが嬉しさのあまりに・・・という話、全国ではたまにあるそうです。


③ 球場一覧

※2020年シーズンの全開催が終了した砂川と芦別はいったん外しております。

グーグルマップを貼りつけただけで申し訳ない。

美唄市営野球場
(美唄市東明町3区)

富良野市民球場
(富良野市字山部2389−1)

石狩市青葉公園野球場
(石狩市新港南3丁目3−706 青葉公園内)


こんな感じです。
ネット中継(→美唄ブラックダイヤモンズ公式チャンネル)でも楽しく観られる北海道ベースボールリーグの試合ですが、選手の真剣な表情や笑顔、気迫、細やかなプレーの機微などは「生観戦」のほうがよりしっかり楽しめると思います。

一歩足を踏み出し、各球場に足を運んでくださる方が増えることを、心から願っております!

タイトルとURLをコピーしました